【パッと一覧】韓国の祝日カレンダー2018年/2019年&韓国の祝日事情




2018年と2019年の韓国の祝日カレンダーと、韓国の祝日事情についてまとめました。
旅行の日程や、韓国の祝日ってこんなのがあるのね~等の参考にしてみて下さい。

 



韓国の祝日一覧

  2018年 2019年
1月 1月1日/新年 1月1日/新年
2月 2月15日~17日/旧正月(ソルラル) 2月4日~6日/旧正月(ソルラル)
3月 3月1日/三一節 3月1日/三一節
4月    
5月 5月5日/こどもの日
5月22日/釈迦誕生日
5月5日/こどもの日
5月12日/釈迦誕生日
6月 6月6日/顕忠日 6月6日/顕忠日
7月    
8月 8月15日/光復節 8月15日/光復節
9月 9月23日~25日/秋夕(チュソク) 9月12日~14日/秋夕(チュソク)
10月 10月3日/開天節
10月9日/ハングルの日
10月3日/開天節
10月9日/ハングルの日
11月    
12月 12月25日/クリスマス 12月25日/クリスマス

韓国の2大祝日である「旧正月(ソルラル)」「秋夕(チュソク)」は毎年日程が変わりますのでご注意ください。この期間はお店が閉まっていることも多いので、韓国への旅行にはあまり向かない時期といえます。

ただ、明洞などの観光地は連休中でも営業しているお店も多いようなので、中心街や観光地だけ行くというのであれば穴場の時期かもしれません。

 

韓国語で祝日を何という?

韓国では祝日のことを
공휴일(コンヒュイル・公休日)
といいます。

また、日曜日や祝日のことを
빨간날(パルガンナル・赤い日)
ともいいます。

これはカレンダーで祝日は赤く書かれているのでそう呼ばれるようになったのだとか。

 

韓国の祝日をもっと詳しく知る

一つ一つの祝日をもう少し掘り下げてみましょう。

1月1日 新年
韓国では旧正月(ソルラル)が日本で言うお正月にあたり、そこで盛大に新年のお祝いをするため、1月1日は祝日として1日だけお休みとなります。しかし、12月31日から年越しカウントダウンをしたり、新年の花火が上がったり、初日の出を見たりと単なる祝日ではなくニューイヤーイベントなども多いようです。

 

旧正月(ソルラル・설날)
韓国で一年のうち最も大きな祝日が旧正月(ソルラル)です。
韓国でも田舎に帰って両親や家族と過ごすための帰省ラッシュがあったり、海外旅行へ出かける人もいて過ごし方は様々です。(何だかどこの国も変わりませんね)

ソルラルの代表的な料理としては

・ジョン(チヂミ)
・トックク(韓国餅の入ったスープ)
・マンドゥ(ぎょうざ)
・カルビチム(牛肉の甘辛煮)

などを準備するのが一般的なようです。

 

권보성さん(@bosung_bonnie)がシェアした投稿

 

3月1日 三一節(サミルジョル・삼일절)
三一節は1919年3月1日、日本統治下で起きた三・一独立運動を記念する日として国民の休日となっています。

 

5月5日 こどもの日(オリニナル・어린이날)
こどもの日というだけあって子ども向けのイベントが各地で催されています。また、子どもは入場料が無料になるという特典を用意している施設も。韓国でこどもの日を楽しむのもアリかもしれません。

 

5月22日 釈迦誕生日(プチョニムオシンナル・부처님 오신 날)

旧暦4月8日の釈迦誕生日を祝うもので、プチョニムオシンナル(부처님 오신날、仏様がいらっしゃる日)ともいいます。
仏教寺院では提灯などを飾り、釈迦の誕生を祝うそうです。

 

@hellohoonygramがシェアした投稿

 

6月6日 顕忠日(ヒョンチュンイル・현충일)

顕忠日は国のために犠牲となった殉国先烈(独立運動家)や戦没した兵士たちを讃え、慰労するために制定された国民の祝日。

 

8月15日 光復節(クヮンボクジョル・광복절)

光復節は1945年8月15日に日本統治下から解放され主権を取り戻したことを記念して制定された国民の祝日。

 

続いては秋の大型連休「秋夕・チュソク」です。
秋夕ではどんなものを食べるのでしょうか?