韓国の時代劇の言葉や人の呼び方をわかりやすく!




韓国語で時代劇のことを사극(サグといいます。 

韓国の時代劇は50話をこえる長編になることも
珍しくなく、重厚感があり見ごたえのある
作りが魅力ですよね。

韓国の時代劇を見ていると、現代ではあまり
聞かない特徴的な話し方をしていることに
気が付くと思います。

時代劇のドラマで気になった言葉遣いや
人の呼称などをまとめてみました。



時代劇でよく使われる言葉10選

韓国語 読み方 日本語
송구하옵니다 ソングハオムニダ 恐縮でございます
망극하옵니다 マングカオムニダ 大変光栄でございます
명심하겠사옵니다 ミョンシムハゲッサオムニダ 肝に銘じます
이리 오너라 イリオノラ こちらへ来なさい
뫼시어라  ムェシオラ お連れしなさい
거기 앉거라 コギ アンコラ そこにお座りなさい
물러가겠사옵니다 ムルロカゲッサオムニダ  (その場から)下がらせていただきます 
뭐라 ムォラ 何だと
감히 カミ よくも
-마 -マ (目下の者に)-してやろう
-마について

ー마は動詞について意味をなす語尾です。

・도와 주마 助けてやろう
・네게 주마 お前にあげよう
・또 오마  また来よう

時代劇での人の呼称について

続いては王や妃、子供などの
人の呼び方についてまとめました。

王に関する呼称

王を呼ぶ言葉は一つではなく
いくつかの呼び方があります。

韓国語 読み方 日本語
전하
(殿下)
チョーナ 現在の王を
呼ぶ言葉
폐하
(陛下)
ペーハ
주상
(主上)
チュサン
금상
(今上)
サン

전하(殿下:チョーナ)と폐하(陛下:ペーハ)の違い

時代劇でよく聞くのは전하(殿下:チョーナ)と폐하(陛下:ペーハ)だと思います。

意味としては同じこの2つの言葉ですが
実は時代によって呼び方が変わっています

朝鮮半島ではもともと王政を長らく採用してきましたが、高麗時代には帝政を標榜しました。そのため、王をはじめとしてそれぞれの役職の呼び方が変わっています。

王政:전하(殿下/チョーナ)
帝政(高麗時代):폐하(陛下/ペーハ)

作品でいうと、

『武神/무신』
『輝くか狂うか/빛나거나 미치거나』
『六龍が飛ぶ/육룡이 나르샤』

などが高麗時代が舞台の時代劇になります。


先代の王を呼ぶとき

続いては、先代の王を呼ぶときの呼び方です。存命か否かで呼び方が変わるのが興味深いですね。

韓国語 読み方 日本語
선왕
(先王)
ソンワン 亡くなった先代の
王の呼称
상왕
(上王)
サンワン 生きている先代の
王の呼称
부왕
(父王)
プワン 現王がかつて王であった父を
呼ぶときの呼称
태상왕
(太上王)
テサンワン 先々代の王が
生きている場合の呼称

 

家族の呼び方

家族内での呼び方も現代ではあまり使わない表現があります。

韓国語 読み方 日本語
아바마마 アバママ お父様、父上
어마마마 オマママ お母様、母上
오라버니 オラボニ お兄様、兄上
누이 ヌイ
아우 アウ

韓国ドラマ『도깨비/トッケビ』ではコン・ユとユ・インナがよく「オラボニ」「ヌイ」と言っていたのが印象的でした。


https://ko.wikipedia.org/wiki/도깨비_(드라마)

話がそれてしまいますが、『トッケビ』は韓国ドラマ史上でも5本の指に入るくらいいいドラマだと個人的には思うので、ぜひ見てみて下さい^^ 2019年6月現在アマゾンプライムで全話視聴可能です。

 

後継者の呼び方

韓国語 読み方 日本語
세자
(世子)
セジャ 王の息子であり次期継承者である場合の呼称
태자
(太子)
テジャ 帝政において次期皇位継承者の呼称
원자
(元子)
ウォンジャ まだ世子として冊封されていない王の長男
저하
(邸下)
チョーハ 世子の別の呼び名
세손
(世孫)
セソン 王の孫が次期継承者である場合の呼び名
왕세제
(王世弟)
ワンセジェ 王位を引き継ぐ王の弟妹
冊封とは
冊封とは簡単に言うと、中国の皇帝から「あなたはその国の王ですよ」と認めてもらうことです。

当時中国はとても力を持っていたので、中国の皇帝から認めてもらうということは国内外に対して力をアピールするものとなりました。

 

女性の呼び方

韓国語 読み方 日本語
왕후
(王后)
ワンフ 王の正室婦人
왕대비
(王大妃)
ワンデビ 先王の妃
대왕대비
(大王大妃)
テワンデビ 先々代の王の正室婦人、現在の王の祖母
황후
(皇后)
ファンフ 皇帝の正室婦人
황태후
(皇大妃)
ファンテフ 先皇帝の妃
태황태후
(太皇太后)
テファンテフ 先々代の皇帝の正室婦人、現在の皇帝の祖母
후궁
(後宮)
フグン 正室婦人ではない王の妻

(嬪)
ビン 後宮に与えられた階級
빈궁
(嬪宮)
ビングン 世子の妻
マーマーについて
時代劇でよく聞く「~마마(マーマー)」は、「~様」という意味で、王妃や殿下などの目上の人を呼ぶ場合に使います。

・대비마마(大妃様/テビマーマー):目下の者が王の母親を呼ぶときの呼称

子供の呼び方

韓国語 読み方 日本語
대군
(大君)
テグン 正室婦人の息子

(君)
クン 後宮の息子
공주
(公主)
コンジュ 正室婦人の娘
옹주
(翁主)
オンジュ 後宮の娘

まとめ

以上、韓国の時代劇の言葉や人の呼び方についてでした。

言葉がわかるとドラマの世界をより楽しむことができると思いますので、よろしければ参考にしてみて下さい^^