【KBO】韓国の野球チームを一覧にまとめてみた




どこの国でも野球は人気スポーツですよね。
今日は韓国の野球チームについてどんなチームがあるのかを調べてみました。

創立年度や本拠地、球場などをわかりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください^^

 



韓国野球の基本知識

日本で言うプロ野球(NPB)にあたる機構のことを韓国ではKBO(Korean Baseball Organization)といいます。

 

KBOには10のチームが所属しています。

KBOプロ野球チーム
チーム名 ハングル表記
SK WYVERNS SK 와이번스
DOOSAN BEARS 두산 베어스
Hanhwa Eagles 한화 이글스
KIWOOM HEROES 기움 히어로즈
KIA TIGERS 기아 타이거즈
SAMSUNG LIONS 삼성 라이언즈
LOTTE GIANTS 롯데 자이언츠
LG TWINS LG 트윈스
Kt wiz Kt 위즈
nc Dinos nc 다이노스

 

名だたる財閥系企業から新興の企業まで、球団事情は日本と似ていますよね。

次の章では早速、一チームずつ詳細を見ていきたいと思います!

韓国野球チーム一覧

早速KBOに所属しているプロ野球チーム10チームをひとつずつ紹介していきたいと思います。情報は2019年2月時点のもので、チームの順番は順不同になります。

SK WYVERNS(エスケーワイバーンズ)

SK WYVERNS(エスケーワイバーンズ)
創立 2000年
母体 SKグループ
本拠地 仁川市
球場 仁川SK幸福ドリーム球場

 

もともとKBOのプロ野球チームだったサンバンウルライダーズの解体によってバラバラになってしまった選手や、ドラフトを通じて各球団から集めた選手で新たに設立された野球チームがSKワイバーンズです。

歴史としては、KBOの中で第8番目の球団となります。通信大手のSKテレコムが100%出資しているそう。

WYVERNSは”飛竜”という意味で、名前の由来は本拠地である仁川(インチョン)に”竜”のつく地名が多かったことから名づけられたとのこと。

 

DOOSAN BEARS(トゥサンベアーズ)

DOOSAN BEARS(斗山ベアーズ)
創立 1982年
母体 斗山
本拠地 ソウル
球場 蚕室総合運動場野球場

KBOリーグのプロ野球チームのうち、最も歴史の古い野球チームがこの斗山ベアーズです。もともとの名前はOBベアーズで、1999年に斗山ベアーズに改称。

最終優勝は5回と、サムスンライオンズに次ぐ成績を残しています。

ホーム球場は蚕室(チャムシル)総合運動場野球場で、LGツインズと共同で使用しているそうです。

 

Hanhwa Eagles(ハンファイーグルス)

Hanhwa Eagles(ハンファイーグルス)
創立 1986年
母体 ハンファグループ
本拠地 大田(テジョン)
球場 大田ハンファ生命イーグルスパーク

1986年にピングレイーグルスとしてKBO第7番目の球団として設立。1994年にハンファイーグルスに改称後、以降はそのままの名称で現在に至ります。

韓国シリーズでの優勝は1999年の1度のみではあるものの、準優勝は5回という成績らしいです。

チームの象徴色はオレンジ。

 

KIWOOM HEROES(キウム ヒーローズ)

KIWOOM HEROES(キウムヒーローズ)
創立 2008年
母体 ソウルヒーローズ
本拠地 ソウル
球場 コチョクスカイドーム

ハイニックス半導体の支援中断で解体した現代ユニコーンズの選手やコーチ陣を集めて創立した比較的新しい球団です。

スポンサーが変わるごとに球団名も下記のように変更しています。

メインスポンサー 球団名
ウリタムベ ウリヒーローズ(2008)
ネクソンタイヤ ネクソンヒーローズ(2010~2018)
キウム証券 キウムヒーローズ(2019~2023)

 

 

KIA TIGERS(キアタイガース)

KIA TIGERS(起亜タイガース)
創立 1982年
母体 現代自動車
本拠地 光州
球場 光州 起亜チャンピオンズフィールド

1982年にヘテタイガーズとして設立されたのがもともとの起こりで、2001年にKIAタイガーズに改称しています。

韓国の人気球団の一つであり、韓国シリーズ進出11回中11回優勝という大記録を持っており、この記録はKBO史上最多優勝数で、名実ともに韓国の名門球団なのだそうです。

 

SAMSUNG LIONS(サムスンライオンズ)

SANSUNG LIONS(三星ライオンズ)
創立 1982年
母体 第一企画(サムスングループ)
本拠地 大邱
球場 大邱 サムスンライオンズパーク

1982年に設立されてから名前の通りサムスンが母体となっており、設立以来「サムスンライオンズ」という名称は変わらず、現在に至ります。

最終優勝は8回で、キアタイガースに次ぐ成績を誇る人気チームの一つです。

 

LOTTE GIANTS(ロッテジャイアンツ)

LOTTE GIANTS(ロッテジャイアンツ)
創立 1975年(プロ化したのが1982年)
母体 ロッテグループ
本拠地 釜山
球場 ウルサン ムンス野球場

ロッテジャイアンツはサムスンライオンズとともに、設立当初からチーム名や母体、本拠地が変わらず運営されている球団の一つです。

実業野球時代を含めると最も歴史の長いチームになりますが、これまでの最終優勝回数は2回で、1992年以降長らく優勝からは遠ざかってしまっているようです。

 

LG TWINS(エルジーツインズ)

LG TWINS(エルジーツインズ)
創立 1982年
母体 LGグループ
本拠地 ソウル
球場 蚕室総合運動場 野球場

1982年に設立された文化放送の野球チームであるMBC青龍(チョンニョン)をLGグループが引き継ぎ、1990年3月に名称を変えて再創立されたのがLGツインズです。

ツインズという愛称は当時のLGグループの社屋であったソウルの汝矣島(ヨイド)にあるツインタワーから由来しているそう。

 

Kt wiz(ケイティーウィズ)

Kt wiz(ケイティウィズ)
創立 2013年
母体 KT(通信大手)
本拠地 水原
球場 水原KTウィズパーク

KBOリーグで最も新しい野球チームがKt wizです。このKt wizが加入したために、KBOが10チーム制になりました。

名前の由来はWizard(魔術師)から取ったもので、飛びぬけた才能を持った人という意味を持ってつけられたのだそう。チームカラーは黒。

そしてKtが野球チームを持ったことで、韓国の三大通信社(SK・LG・KT)が全て野球チームを保有しているという状況になったそうです。やはり韓国は通信事業が強いということなのでしょうか…?

nc Dinos (エヌシーダイノス)

nc Dinos(エヌシーダイノス)
創立 2011年
母体 エヌシーソフト
本拠地 昌原(チャンウォン)
球場 チャンウォンNCパーク

nc Dinosは慶尚南道の昌原(チャンウォン)を本拠地とする野球チーム。2012年までのKBO8チーム制からnc Dinosの加入によって9チーム制がスタートしました。

チームの象徴色はマリンブルー。2016年の最終順位2位がこれまでの最高順位だそうです。

以上の10チームとなります。

 

韓国野球チーム本拠地の分布図

ざっくりしていますが、チームと本拠地の地図はこのような感じです。

韓国の地図、地名に関してはこちらの記事にまとめています。

まとめ

以上、韓国の野球チームについてでした。

チームごとに個性的なマスコットキャラクターがいたり、応援歌などもありますのでユーチューブなどで検索してみると面白いと思います。

ソウルを拠点にしているチームも3球団あるので、シーズン中であれば韓国に野球を見に行くというのも楽しいかもしれませんね。