韓国語初心者入門ー0日目編ー




「一週間で攻略!韓国語初心者入門」と題して
この章では初めてハングルを勉強する方が
7日間でハングル文字を読み、簡単な挨拶が
できることを目指して記事をまとめています。

下記の内容で進んでいきます。

0日目は知っておきたいハングルの基礎知識として
文字の書き方やルールなどをまとめました。



ハングルとは?

ハングルとは韓国で使われている文字のこと。
始まりは1446年に李氏朝鮮第4代国王の世宗が訓民正音の名で公布したもの。
ハングルは子音と母音を組み合わせて音や意味を表現します。

ハングル一覧表のことを韓国では
反切表(パンジョルピョ)といいます。
日本語だとあいうえお表のようなものです。
一覧表は下のPDFでも見ることができます。

反切表ー基本母音
反切表ー合成母音

ハングルの読み方がわからなくなったら
この反切表を使って読み方を確認してみて下さい。

 

ハングル文字の構成

ハングル文字は
子音と母音 
もしくは
子音と母音とパッチム
を組み合わせます。

ハングル文字は必ず下記の4パターン
組み合わせになります。順に見ていきましょう!

パターン①子音が左、母音が右

 
 

パターン②子音が上、母音が下

 
 

パターン③子音が左、母音が右、パッチム

 

パターン④子音が上、母音が下、パッチム

 

必ずどのハングル文字もこの4つのパターンに当てはまります。
子音と母音の順序が入れ替わったりパッチムが上にくることはありません。

韓国語の語順

韓国語の語順は日本語と同じです。
また、中国の漢字文化の影響を受けているので
日本語と似たような読みのものも多数あります。

韓国語の難易度

上記のように、日本語と語順が同じで漢字文化の影響もあるので韓国語は日本人には習得しやすい言語と言われています。
ハングルの読み書きを覚え、語彙や文法を増やしていけばパズルを組み立てるように話したり文章を書いたりできるようになります。

今日から1週間でハングルの読み書きと挨拶を覚えていきます。
ぜひ1日目のページへ進んでみて下さい。

韓国語初心者入門ー1日目ー

2018年7月12日

 

その他のページについてはこちらからどうぞ!